ほんのり秋空ですが気温30度越え。
DSC_1312

DSC_1315
92インチ、暑さにやられて集中力が途切れがち。
周回飛行で3フライト消化です。例のごとくプロペラの「音」を楽しみました。
DSC_1316

DSC_0000_BURST20190908102501035
大柄ハイパワーな3セル仕様のP47
DSC_1321
2セル仕様の軽量、軽快な隼。
DSC_1323

DSC_1324
二者それぞれの特徴を楽しみながらの飛行
DSC_1325

DSC_1319
エレベーター立ち上げ、鬼のような大舵角で積極果敢にトルクロールに挑むMトさん!
DSC_1320
そしてワタクシも負けじとリニューアル、弐号の飛び!
DSC_1314
・・・と言ってもハード面で特筆することはありません。
DSC_1317
・・・しかし今回は機体入れ換えにともないソフト面を少し変更してみました。
壱号機では機体に負担をかけまいと抑えていた舵角レートをそれぞれ30~50%上げました。
元来、派手なマニューバもこなす高性能なアクロ機体なのですが、スキルがない上に空中分解が怖くてビビリミッターがかかった状態でした。
DSC_1287[1]
まだまだレート上げられますが、自分の腕を見極めながら進めていこうと思います。
DSC_1294
リミッターカットでアクロ機として本来のパフォーマンスを「少し」は発揮できるかも。
DSC_1291

DSC_1293



そしてちゃっかりと夕方からも出撃。

高度を高めにとりスナップロールからのムーンサルト、ばっちりキマリました!
機体剛性が上がったことで気分的な余裕もできました。
低空でできれば言う事なしですが、メンタル面でビビリミッターが作動してしまいます。
DSC_1330


午後組みの方々

背面フラットスピン、見事でした!
一見トロそうに見える高翼機体ですが(H本さんすいません、ほめ言葉です)、翼面積の1/3近くがエルロン、水平尾翼にいたっては2/3がエレベーターの過激な機体です。
DSC_1329
失礼ながら最初、腰掛かと思いました。
DSC_1332
業務用の大型ヘキサコプターです。
20kgぐらいは軽く持ち上げそうな感じ。しかもアンテナが3本も!
DSC_1335